« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

ウェルナー少年少女合唱団のこと

P1070083_2

   [ フランス / モンサンミッシェルの夜景 ホテルから撮影 ]

この間、ウェルナー少年少女合唱団の団便りを諸冨善美先生にお見せしたところ、「この団便りを他のみなさんにも読んで欲しいですね。」と、おっしゃっていましたので、ここに掲載したいと思います。

団便りは、子供達と保護者の皆様への僕からのメッセージなのですが、文章としては、小学生には少し難しいと思いますが、成長した時期に再読してもらえば幸いかと思います。

下記は、第三号団便りより原文のままです。

-----------------------------------

Web_3

― 礼儀、礼節からあなたの幸福を摑みなさい ―

晩秋の夕べのコンサートが無事に終了しました。会場の人たちは、君たちに大満足でした。「とても素晴らしかった」と、かなり評判になりました。

お陰で、僕は 〝光陽台で大切な人〟 と言う、話も出ました。(笑) 

でも、コンサート後の塾の集中講義で塾生全員をひどく、ど叱ったのを、そこに居合わせた塾生は承知のことです。

色々なところで大人を叱ることはありますが、あんなにきつく叱ったことは滅多にありません。

僕の命が縮まるくらいのエネルギーを使いました。愛しているからこそ叱っているのです。

どうでもいい人は、「はい、さようなら」でおしまいです。叱る時は、その本人を叱っているのではなく、そうした行為を叱っているのですから、全員に知って欲しいことですし、各自、自分の事と思って欲しい。

今回、そうした礼儀や礼節の問題が露呈したお陰でウェルナー少年少女合唱団を設立したのは、大正解です。諸冨先生の存在あっての開かれた世界です。

今回の問題は次の通りです。

① 皆の信頼を失う行動はしない。

② 指導者に対する礼儀

③ 人の演奏に耳を傾ける

①は、団体行動における規律を破り、それが人の心を踏みにじることです。

②は、途中で帰る場合は、必ず事前に指導者(諸冨先生)に伝えて帰るときはお世話になった挨拶をして帰ること。

③は、自分だけの出番だけで済ませないで、他の人の演奏も勉強として静聴する。

自分の先生の出演をきちんと聴くのは、門下生としては当たり前な姿勢です。

Web_4

            [ エーデルワイスの練習風景  ]

― 下を見るな、遠くを見詰めよ! ―

 歌の練習で、下を見るな、遠くを見詰めよ!と、僕は歌の練習でいつも言っていますが、それは、単に合唱の練習だけではありません。

君たちの日々の生活態度を見ていても、それが言えるのです。

小学生は、目の前のゲーム遊びに熱中しますし、中学生は、試験前になって慌てて試験勉強をします。

しかし、幸福になりたいと願うなら、やはり、遠くを見詰めなければなりません。

大人は殆どの方が、目先だけになって下を向いて生きています。

しかし、君たち子供は遠い視点に立てるのです。

それが、どうも皆さんは足りないようです。

他人対しての礼儀や礼節を持つということは、相手の立場に立つ基本です。

それが、実は、他人との絆をつくるきっかけにもなるし、自分を磨くことにもなるのです。

礼儀も礼節も自然にそうした行為が出なければなりませんし、それが生きる上の智慧でもありますし、そして時間と共に習慣化されていきます。

「幸福論」を書いたアランは、礼儀や礼節の中に幸福があると言っています。

僕が、叱る目的は立派な人間になって欲しいということに尽きます。

ただそれだけです。

そしてそれは、僕も子供のように遠くの未来を見詰めて、君たちの活躍を期待しているからです。

まじかな近くの出来事ばかりにとらわれず、「自分のことを考えるな、遠くを見よ」というアランの言葉までは出来なくても、せめて、自分のことに関してだけでも良いから、遠くのビジョンをもって欲しいですね。

-------------------------------------

と言った文面です。

このお便りを中学二年生の女の子に読んでもらいました。

そのとき、区切って読んでもらい、一つ一つを僕が解説するという手法で、理解してもらいましたが、流石に、小二、三の子は無理ですね。(笑)

でも小学生の高学年は、わかったようです。

こうした理解も読書力や人の話を聞く力も要りますし、何よりも考える力がないと駄目ですね。しかし、わからなくても周りの雰囲気と直感でわかる子もいますから、侮れませんね。(笑)

塾生の成長が楽しみです。

by  大藪光政

|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »